October 2009

October 31, 2009

日が短いくなりましたね。


秋本番ですね。日が短くなりました。

いかがお過ごしでしょうか?

そうそう、この時期に、秋の日はつるべ落としになり・・・

ということわざがありますが、

この つるべ というのが何か知ってましたか?

まさか、鶴瓶だとか・・・すかした話ですな。 では何かというと

つるべ落とし という妖怪の名前なんですね。

よく、村人が森を歩いていると木の上から巨大な顔だけの妖怪が

目の前に落ちてきて、村人をビックリさせるというアレです。。。

とくに害はなくて、ビックリさせて喜んでいるという悪玉ではない妖怪です。

秋の日があんまり速く暮れるんでビックリしてしまう というところから

このことわざが生まれたものと思われますね。

・・・へ〜〜〜そうなんだぁぁ〜〜〜。。。

             ・・・別にそれでいいじゃね〜〜か?

つるべというのは釣瓶なんですね。

釣瓶という大変な釣り吉がいたんですね。その釣瓶が足を滑らせて海に落ちちゃった

んです。それで大慌てした周りの釣り人が竿やら、タモやら差し出して助けようと

したんですけど、とどかなくて、、、あぁー そうだ!

アレ持って来い! 水汲みようのバッカン!紐がついてるから、

あれなら、とどくぞ!って、、

それで、バッカン持って来たんですけど、、、

となりの釣り人が、バッカン?って? それって釣瓶のこと?って言うんですよ!

・・・何言ってんだよ! 溺れてるのが釣瓶なんだよ! 

これは水汲み用のバッカンだ! 釣瓶なんかじゃねーよ!

まぁ、そうゆう感じで、大騒ぎしてみんなで釣瓶を助けたんですね。

ということで、日が沈むのが速いから、みんなで大慌てしたりして

ドタバタするというところから、こんなコトワザが出来たんですね。


・・・・って、酷くなってるダロ−!!!

・・・途中、もしかして修正するのか?と思ったら。。。。



今時、井戸なんか何処にもないから、若い人は釣瓶っていっても何のことだか

わからないですよね。 

時代劇で井戸に滑車なった水汲みがついてるじゃないですか。あれのことです。

水を汲み上げたときと逆で桶を落とす時はスル、スルッ て落ちちゃう、

それぐらい日が落ちるのが速いってことなんですよ。

                ・・・そんなに速いわけないけどね。。

まぁ、こんなんで こんなに長く書くなよ。。ってことですね。 では。


salesmaster080 at 16:42トラックバック(0) この記事をクリップ!

October 18, 2009

バラクーダ


ケッ、カマスかよ!

と言うわけで、お元気でしょうか?

いいお天気ですよね。

台風やらなんやらで、やっとイカが釣れるぞ! って思ったら

・・・カマス・・・かよ!

季節がずれ込んで来てるらしいのでイカ3のアタリに対してカマス7・・・

餌のアジ釣りすらカマスに襲われる始末。

せめて、私が飼育しているかわいいイカたちがカマスに襲われていないことを

祈るばかりだが、どれぐいらい経ったらカマスいなくなるんだろ?

バラクーダって言われる鬼カマスが人間を襲ったことがあるらしいじゃないですか?

なんにしても、タメにならない魚であることだ!

だいいち、名前がなんだよ!  かます・・・かます・・・かます・・・

・・・かましすぎなんだよ!

salesmaster080 at 16:13トラックバック(0) この記事をクリップ!

October 12, 2009

Stairway To Heaven


いいお天気ですね。いかがお過ごしでしょうか?

体育の日、30代初めのころの体育の日、運動会でのことを思い出します。

走れるって思っているのは、正に思っているだけのことなんですね。

肉体は、エッ!マジ?・・ウソーォォ! って悲鳴を上げてたりするものです。

総合リレーの第3走者として参加した私もゴタブンに漏れず、

その気になって、スタートしたんですね。いい感じのラリーで

トラック半周の1/3を過ぎたとき、フッ・・・と身体が軽くなったんです。

空気の抵抗も身体の重さも消え去り、

空翔る天馬のように軽やかに走れている感覚があったんですね。

次の瞬間、今度は眼の前が真っ白になって、

天への階段を上がって行く感覚へ変わったんです。

次に周りの声援が聞こえた時にはもう、足がもつれ地面に転げ込んでました。

そのあと、心臓が口から飛び出しそうなんですよ。それこそ犬みたいに

口空けて、ハァーハァーハァーハァーって・・ 酸欠状態だと思うんですねど、

苦しくってしかたないんですね。その日は一日もとに戻らなかった。

今、思うんですけど、

あのまま、天国への階段登ってたらどうだったんだろうって・・・

当然、今ここにはいないんでしょうけど。。。

毎年、どこかの市町民運動会でありがちな人になるところだったというお話

なんですけど、自分の身体の限界が自分の頭で解らないってことが、

個人差はあっても、ある年齢から始まるんですね。

まぁ、なにごとも過信は禁物だというお話でした。

salesmaster080 at 15:28トラックバック(0) この記事をクリップ!

October 02, 2009

とてもインテリアとは呼べぬもの


ご機嫌いかがでしょうか? 10月に入りましたね。

・・・雨ですねぇ。こんな雨の日に、

ピーター・ガブリエルがラジオから聞こえてきたので、思ったのですが、

BJMとして、ピーター・ガブリエル流れていても何ら違和感はないんですね。

でも、あの人って・・・実はそうじゃない・・・ですよね。

たとえば、インテリアとして、置いてあるオブジェってあるものですが、

逆に美術館にしか合わないようなオブジェってのもあるんですね。

どっちがどうというのは、ここでは言いませんが、

ガブリエルの仲間のロバート・フィリップを思い出すんですね。。。

BGMとして、流れているのは、どこかヘンテコで、調子狂っちゃう感じ

なんですけど、、、  誰も作らないし、作れない・・・



ずいぶん最近になってから、ロバート・フィリップのインタビューみたいの

観たんですけど、いつか機会があったら、

この曲の旋律をもう一度やってみたい・・・って言ってました。

発売当時、聴いた時に、Voがジョン・ウエットンなのはハズレって思って

たんですけど、今聴くと、じゃぁ他に誰か?って感じなんですよね。


・・・インテリアとしてそこにあっても許されるような・・・

そんなBLOGをUPしたいものです。      終わり。



salesmaster080 at 11:26トラックバック(0) この記事をクリップ!
Profile

種族:アオリイカ
名前:テンタくん
好物:塩漬けアジ
   (生きアジは追わないよ)

Recent Comments
Recent TrackBacks
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)