December 2009

December 29, 2009

今年一年ありがとうございました。


明日、私はお休みなので、今日が今年最後の業務なんですね。

例年どうり、色々なことのあった一年でしたが、BLOGを総括すると

イカの話をしてたら終わっちゃった! って感じでしたな。

来年は、もう少しだけ時計の話をするように心がけてみようと思っています。。

・・・って・・・どんだけ消極的なんでしょうねぇ〜〜〜。

年末になってから、昔、愛読していたD・トマスの詩集をずいぶん前に

紛失していたので、書店に注文しようと思ったら、

エッ、これ絶版ですか? エッこれも絶版ですか?って具合で、

今や、D・トマスの翻訳された書籍で現行のものは、たった一つだけなんだ

そうです。。。  

つくづく、時代に取り残された偏屈者なんだと思い知らされるわけです。

当然、偏屈者なので、おかしいだろッって思っているわけです。

やっぱり、おかしいと思いながら、へらへらとイカの話でもして

また、来年も過ぎるのかもしれませんね。きっとそうなんでしょうね〜〜。

・・・って・・・どんだけ消極的なんでしょうねぇ〜〜〜。

あらゆる意味で繰り返してるみたいなんで、仕切り直しまして、、、


2009年、当店をご愛顧頂き、ありがとうございました。

来る2010年が皆様に幸多き年になりますようお祈り申しあげます。


では、31日〜1/2日をお正月休みとさせて頂き、

新年3日より営業させて頂きます。      では。





salesmaster080 at 16:43トラックバック(0) この記事をクリップ!

December 23, 2009

正しくB1なんだそうで。。。

今年も残りわずかですが、いかがお過ごしでしょうか?

大変な一年でしたけど、皆さんは、どんな一年でしたか?

この前ね、時計の話したら評判悪かったから、また時計の話しますね。

もう生産が終わってからずいぶん経つんですけど、今だに言われるのが、

・・・どっかにB1ありませんかぁ〜〜〜?  ってお話。

某国の防衛省航空基地によく足を運んでいる私は、パイロットの方から、

何度なくこのお話を頂くんですね。

b1


えッ、エアウルフがあるじゃん!  って思うでしょ!

私もそう思ってたんですね。。。

でもね、このベゼルが変わっちゃったのは、すごくマイナスなんですって。。

よく言われるのが、、、「何の意味があるんだよ。方位なんか付いてて。。」

(エアウルフのこと)

ついでに言うと、このカウントダウン方式の回転ベゼルって、

そうとう重宝されてるものらしいんです。

そりゃぁ、パイロットも色々ありますから、方位が付いてる方がいいって

方もあるんでしょうが、、、

少なくとも、私が会うパイロットは、全員、B1は正にBR1なんだそうです。

素人の私には、ラバーモールドベゼルのエアウルフが

カッコイイと思うのですが、、、結局、素人の感覚なんですね。

セールスには何度も言うんですけど、、、そんな意見がスイスまで届くわけは

ないんですよね。  ヤ・レ・ヤ・レ・・・


・・・そうゆう奥歯に物が挟まったような、、、そんな話どぇした。






salesmaster080 at 15:55トラックバック(0) この記事をクリップ!

December 15, 2009

雪になるらしい。


ご機嫌いかがでしょうか?

今週後半から、山陰は雪が降るらしいです。

奴等がやって来る時期になりましたね。。。手のない奴等が・・・

・・・ま〜〜〜た イカの話なのニェ〜〜〜。

秋アオリが今イチだったという貴方は、寒さに我慢出来るのなら、

必ず、釣れるヤリイカ釣りはいかがでしょか?

ここでは、昨シーズン活躍した自作のタクティクスをご紹介致します。

製品名、ゴンガァ〜ラ・スーパーMAX

go

これにイカの身を針金で括りつけて使います。

通常、この輪になったところにテグスを結んで

60cmほど間を空けた2段仕掛けでやっています。

イカが抱きついたら、ウキが少し沈むので、ゆっくり引き寄せ、

イカの角度とゴンガァ〜ラの角度を同じにしてから大きく合わせを入れると

後尾のカンナにイカが掛かり、少ないながらヒキが味わえます。

手がないイカなので強引にやるとバレてしまいます。

そして、シーズン後半のメスイカの数釣り時期、取り込み率を上げるために

開発されたのが、コチラの・・・

ゴンガァ〜ラ・スーパー・エボリューション です。

go2


どこがちがうのかと言うと、エサのイカを巻きつける位置に

2本の掛けバリをセッテッングしています。

つまり、イカが抱き付いた瞬間、ひっかかってしまうんですね。

もちろん、そのまま上げることは出来ませんが、

最初に引き寄せる段階でバレる率は下がり、取り込み率は激増です。

味はアオリイカや白イカにはかないませんが、

歯ごたえも良く、何より墨が少なく、調理はイカの中で最も簡単なんです。



・・・ってかさぁ、、、どんだけイカの話ばっかりすんねん。。。


salesmaster080 at 15:31トラックバック(0) この記事をクリップ!

December 12, 2009

ご指導が入りましたので・・・

ご指導が入りましたので、

今日はBRの話をさせていただきます。

一年ぶりってことはないと思うんですけど・・・

あまりにも REVIEW がいたるところにあるので、

今さら、私がどうこう言うこともないんですけど、、、

B01のことお話いたします。

ムーブメントについては、正直、

年数が経って行かないと最終的には評価出来ないようなところがありますよね。

B01のデビューから少し経って私が思うのは、

現行クロノマットの出来の良さなんですね。

当然ですけど、時計本体からメーカー、メンテナンスの質まで信頼出来ることで、

初めて自信を持ってお客様にお勧め出来るものだと思うんですね。

そうゆう意味では、現行クロノマットはいろんな意味でバランスのとれた製品だ

と思うんですね。

こんなブログに参加していて言うのは、全く場違いなんですけど、

日本マーケットで、飯を食っているのだから、日本マーケット自体を嫌悪するのは、

人生は生きるに値しないが、

それでも死ぬのが嫌だから、生きていますって言っているようなもの・・・

ただ、私は、BRに纏わるすべてが好ましいとは思わないわけで。。。

それでも、クロノマットは、ほぼ同じ様に見えるクロノグラフと比較して、

安定感、操作性、デザイン、バリューバランスなど、

勝っているのはどうやら事実のようなんです。

さて、B01ですが、クロノマットと比べると、とてもスッキリした。というのが

私の印象です。べゼルやケースからブレスまでのラインが滑らかで、

クロノマットのいい意味で少し武骨なところがとれて、全体に洗練されましたね。

オールポリッシュのせいもあって、高級クロノグラフらしくなったと思います。

パワーリザーブも長いようですが、BR13キャリバーのリザーブで不足だ

というユーザー様にお会いしたことがないので、、、ただ、

長いに超したことはないわけですね。

それとカレンダー調整がいつでもOKっていうのはいいですね。

コラム・ホイール、垂直クラッチですが、これもB13のカム式があまりにも

滑らかなスタート/ストップなので、実質、押した感覚や針の動きを見ても

違いがいまいち解らないですね。。。もちろん、ムーブというのは、

「部分は全体のために、全体は部分のために。」という具合に全体的に

構成されて出来上がっているものなので、

少なからず、精度や安定感、耐久性が向上しているはずなんですね。

「これ、ほんとに良かったよ。」って、これからたくさんのユーザー様から

聞かせて頂くことと思いますし、そうあってほしいと思います。

さて、在庫状況は、当社ホームページにアップされておりますのでご確認頂ければ

幸いです。

なにはともあれ、まだ、見てないよ。ってお客様、

一度手にとって見て頂きたいですね。。。 とても綺麗ですから。。。      

                         では。
Chronomat_B01_detail_P11_B



salesmaster080 at 12:11トラックバック(0) この記事をクリップ!

December 06, 2009

巡り合わせ

cmsARTI00000369[1]


来年は、寅年ですな。

田中貴金属が発売している干支マスコット金箔カレンダーが入荷しています。

・・・当然、1体ではないわけですね。数体あるんですけど、

これって、ドコ製?・・・中国製。・・・

いいんだよ、中国で。日本にはトラ、いないんだから。。。

大量生産されるこれらの物、、、時計の部品なんかもミニマムな単位で必ず、

誤差が生じているんですよね。

ウチの店にやって来たほんの数点のこのマスコットでさえ、

模様や、目の位置、口の線の角度など、

ほんとうに微小な違いがあるものなんですね。

ただ、このマスコットというやつは、トラの顔を意味付けているものなので、

ほんのわずかな違いは、表情のちがい になっていくわけですよ。

よく見ていると、この固体は意地悪そうな顔だ。。。とか、

すこし、ハカナゲで寂びしそう・・・なんてことが必ずあるんですよ。

じゃあ、、、じゃあね。いったいどゆう表情がいいのか?ってことなんですよ。

大方の場合は、子供に向けられたものなので、

何にも考えてないアホヅラの平和そうなものが望ましいんでしょうな。

ところがね。この何も考えてないアホヅラというのが実は問題なんですよ。

この何にもないアホヅラというのはね、言わば、白紙ということなんですよ。

この白紙の状態のところへ、ほんの僅かなニュアンスを付加してしまうと

瞬く間に、まるごとその表情に変異してしまうものなんですね。

たとえば・・・すこしさぁ、はかなげな表情のトラのマスコットがね、

最後まで売れ残ってたりするじゃないいですかぁ?

・・・お前はね、そんな表情だから売れ残ったんだぞ・・・って

かわいそう過ぎるので、ご来店の皆様、ぜひ表情を吟味せずにお求めくださいませ。

それとね、こうゆう物って、言わば鏡のようなもの と言うことも出来るんですね。

自分の気持ちが晴れやかだとトラも嬉しそうに見えるし、

気持ちがふさいでるとトラも詰まらなそうに見えてしまう・・・

そうゆうものなんですね。

2010年、トラがいつも嬉しそうに見える一年にしたいものです。  ではまた。


あ〜〜そうそう、税込み¥2,100です。 

それとこれ、足跡の形の携帯電話クリーナー付です。

salesmaster080 at 14:15トラックバック(0) この記事をクリップ!
Profile

種族:アオリイカ
名前:テンタくん
好物:塩漬けアジ
   (生きアジは追わないよ)

Recent Comments
Recent TrackBacks
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)