February 2010

February 28, 2010

過剰反応


花粉アレルギーの季節ですね。

過剰反応なんだな。つまりが。

歳とともに、だんだんと鈍感になって行くのと裏腹に

別に害があるわけでもない花粉に過剰に反応する、この身体。

この御鼻は誰のですかぁ? あ〜俺のだよ。。。

じゃぁ、勝手に反応すんなよ!  ということで、

去年から、コントロールすることにしたんだな。

いや、、コントロールしようとすることにしたんだな。

ちょうど、お腹が痛い。って時、、、痛くない。痛くない。って

やり過ごすことがあるじゃないですか? あれですよ。

それとか、幼少期に「痛いの痛いの飛んでけぇ〜。」って、

ごまかされた覚えが誰しもあるでしょ。

心頭滅却すれば、火ももまた涼し。というわけだよ。

でも、心頭滅却したら他のことも出来ないぞ。

それに、火が涼しくても長らくやってると火傷するぞ。

じゃぁさぁ。精神一到何事か成らざらん。というわけだよ。

  たとえ、おかしくないでしかぁ?

・・・なんとなく似てるから、これでいいことにしておきます。

あ””〜〜〜頭がスッキリしないですねっぇ””〜〜。

小学生ブログみたいになってる気がするぅぅ。

・・・・2月も終わりだってのに。

salesmaster080 at 10:24トラックバック(0) この記事をクリップ!

February 19, 2010

キャッチ&リリース



さて、ご機嫌いかがでしょうか?

定休日にちょっとだけ、イカつろぉ〜〜〜ってお出かけしたんですね。

ほどなく、日が暮れて、これから2時間ぐらいで帰ろうって思ってたんですけど

すぐに、一杯、またもう一杯、て釣れたんです。

例によって、沖漬けにしようって生かしたまま

スカリ(魚籠)に入れておいたんですね。

その日は前日海が荒れていたので、少し波が残ってたんですね。

スカリが右へ、左へ流されるんですけどナイロンロープが付いてるから

切れたりしないだろ・・・

まぁ、大丈夫かって、スカリを水に放り込んで釣りを続けてたんですけど

何投かした後、スカリの近くへ行ったとき、、、、

あれッ・・・この紐・・・離れてる・・・

・・・   エ! えぇぇぇぇぇぇえええええ!!!!

スカリ本体に金具で繋いであった、その金具が・・・開いてる・・・

そこら中、ライト点けて探したんですけど、どうやら、波に浚われ、

沖に流れていったらしい。。。と・ほ・ほ・  戦意喪失で撤収。

・・・帰りギワ、すれ違った二人組みの釣り客、

「釣れましたかぁ?」の質問に・・・


「・・・2ハイだけだったから、キャッチ&リリースですわ。」

キャッチ&リリースですわぁ。 キャッチ&リリースですわぁ。

キャッチ&リリースですわぁ。

・・・それ・・・キャッチ&リリース って言いますぅぅぅぅ?

安物の中国製品を疑問を持たずに使っていたのが悪かったのか・・・

波が激しい場所に浮かせておいたのが悪かったのか・・・

それとも、イカを釣りすぎでバチが当たっているのか・・・

どちらにしてもイカには残酷なことをしたものだ。

おまけにスカリは水面に浮いているから、ゴミを投棄したのと変わらない。

反省しきりな釣行になってしまいました。

2度とこんなことがないよう、

今度はスカリにじかにロープを結ぶことにします。

・・・って・・・また行くつもりかよ!!!      

                 ってことで終わります。


salesmaster080 at 17:27トラックバック(0) この記事をクリップ!

February 15, 2010

水ばっかり。



訳のわかららないBLOGを書く人は、山の中で一人で暮らせばいい。

ということで、いかがお過ごしでしょうか?

こうゆう寒い日が続くと歳のせいもあって、いろんなところが痛んだりしますよね。

食生活も偏っているせいで20歳から結石デビューを果たしているわけですが、

水分が不足するとお腹の冷えるのを引き金にして、

ローリングストーンズが活動を開始してしまいます。

ストーンズがツゲザーノーモスでジャンピンジャックフラッシってことですね。

・・・つまんね。

昔ね。太陽にほえろ って、裕次郎がボスだったドラマね。

その中の一話に、、、あ〜〜れ、、誰だったかなぁ〜〜?

新米刑事がひとり暮らしで、ある日突然、経験したことのない痛みに襲われる。

ってのがあったんですよね。それ、腎臓結石の痛みなんですけど、

私自身、中学生ぐらいでそのドラマ見てたんですけど、

その数年後に自分に同じことが降りかかって来るなんて思っても見なかったんです。

くせのような妄想へキのせいで、、、強烈な痛みの中、

あ〜〜・・もうダメだ。こんなんで、この短い一生が終わるんんだな。。。

って、、少しだけ痛みが引けたとき、今生の別れだって、お袋に電話したんだよね。

・・・父親が石持ちの家系だったので、、、

ウチのお袋も、迷惑そうに、またかッって感じで、

あ〜〜〜それ、石だわ! 石!・・・

・・・って、それだけかよ!!! 痛くって発狂しそうなのに。

でもね。実際、どうしようもないのね。

せめて、水分を多く取るぐらいしか、処置ないんだよね。

都市伝説みたいのがあって、大量にビールを飲んだ後、縄跳びするのがいいとか。

・・・ぜったいにダメだゾ!

腎臓から尿管に石が詰まっていて、尿が出にくくなってるところへビールなんか

大量に飲んだら、肝臓から腎臓がパンパンになって、

おまけに石が動いたとき腎臓に付けた傷にしみて、、、

石の痛みではない別の痛みが発生すんだよ! 実践済みだから。。。


というわけで、約2年ぶりとなる活動の兆候が先日見られたので、

今、なるべく、水分を取るようにしているんですね。

人は1日1.5リットルが目安らしいですが・・・

規則正しいバランスの取れた食事を心がけていおられる皆様には無縁な話でしたね。

                    だは。

salesmaster080 at 11:58トラックバック(0) この記事をクリップ!

February 11, 2010

解釈ということ。


ご機嫌いかがでしょうか?

今日は、ずいぶんな荒び様ですね。

さて、解釈いうこと、

この翻訳・・・どうなのかなぁ?

こうゆう事はよくあることで、、だったら自分で訳せばいいんだよ。って

話になるんで、語学の出来ない自分が悪いんですけどね。

現代詩と言われるジャンルでは解釈によって伝わるべき事も全く違ってきて

しまうものです。 

とても有名な、何とか大學さんが同じ詩作を何度も翻訳をやり直してたりする

というのも、それはそれで誠実な姿勢なのかもしれません。

たとえば、アルチュールの有名な詩ですが、、、

「忍耐強い勉学、だが天罰は覿面。ひとすじの熱情から、儒子の擱き火は 

 あ、 とうとうとも言わぬ間に消えていく 云々・・・  」    

それが、、、

「忍耐強い勉学によってのみ許される・・・」てな意味の

翻訳をされてたことがあるんですけど、、、

・・・それだと意味が通らないんですね。 

語られていることが直接それではないものの、

前者の翻訳の詩の意味が解るなら、

決して間違わないような間違いで翻訳してしまっているんですね。

残念なのは、年初に手に入れたD・トマスの全集で、

この翻訳も、、、どうなのかなぁ?・・・って感じるんです。

もともと難解な作家でたくさんの解釈がなされている作家ですが、

翻訳者の名さえ忘れてしまった、20歳の頃所有していたトマスの詩集は

私には、もっとりアルだった。

最近、ゴッホの贋作だとかの、ほぼフィクション作家になってしまっている

昔、教師と生徒の関係だったH.K氏は、「感じて描け。」

と指導されていました。

感じて描くこと。それは確かにそうなのですが、人間らしい願望や、

ささいな衝動、ひとすじの熱情から、、、、

解釈は捻じ曲げられ、一人歩きし始める。。。 

かつての恩師なので申し上げるなら、私には、とても残念な小説でした。

「最初の死以外の他の死はない。」

H.KさんがD・トマスを読んでいたなら、

この一節の意味を聞いてみたい気がするのですが、、、


まぁ、でも何事も世の中は、そんなもんだろッ。 

そんなんで終わる話なんでしょうね。

ずいぶんな荒び様ですね。。。今日は。。。


salesmaster080 at 16:35トラックバック(0) この記事をクリップ!

February 07, 2010

調節不全


調節不全なんだよ。 特に朝はダメなんだな。

100205_1206~02


全体的に見えればいいんだよ。

それでいいんだよ。細かいことは気にしないんだ。

大らかにやっていくのさ。

近くが見えなくったって、代わりに見えてくるものもあるだろうさ。

心の眼が開くかもな。第3の眼が開くかもな。

・・・そんな、当てにならないものいらない。。。

見えないんだ。。。近くが。。。老眼じゃない、調節不全なんだ。。。

TVのCMでさぁ・・・お散歩もヨロヨロしてきたネェ〜〜〜って、

犬の出てくるCM知ってますか?

・・・寂しくなりますよね。

salesmaster080 at 12:01トラックバック(0) この記事をクリップ!

February 05, 2010

へぇ〜〜〜


サザビーズでアルベルトのブロンズが95億で落札されたらしい。

・・・へぇ〜〜〜〜〜。

別にいいけど、残してね。

salesmaster080 at 18:24トラックバック(0) この記事をクリップ!

February 01, 2010

なんで2月?


1月が行ったらしい。

2月は逃げるのかもしれない。

3月は猿。

などといいますね。(なんで3月だけ猿?・・・いいんだよ面倒だから。。。)

さて、いかがお過ごしでしょうか?

2月がすぐに終わってしまうと感じるのは、

他の月より日数が少ないからだと思うんですけど、

なんで、2月だけ、そうなの?って、あんまり考えないですよね。

私がこのBLOG「偏屈者が行く。」で取り上げるからには、

それは、深い理由があるんだろうって思うでしょ?


・・・  ・・・  ない・・・です。。。


話は紀元前までさかのぼります。

ローマ帝国初代皇帝のアウグストゥスが8月に死去したことでその月を彼の名、

Augustus=Augustを冠し、それまでの30日を31日に増やしたんですけど、

帳尻が合わなくなったんで、ローマ暦の最後の月だった2月から差し引いたと

いう・・・2月もいい迷惑だったな。。。という、勝手な話なんですね。

どっちでもよかったようなことが後世まで残って行く・・・

アリガチな話です。 ・・・突然ですけど、終わりますね。  では。


<追記>

ハイ! Augustさん正解!! 

それではぁ〜〜 正解のAugustさんは他のチャレンジャーから得点を

奪取する権利が与えられます。!

Augustさんは現在30得点ですが、誰から得点を取りあげますか!?

〜〜〜^^^ジャぁ〜〜・・・え〜〜と〜〜 Februaryさんから頂きます。

   エーーーナンだよぉぉAugustぉぉぉぉ!

では、現在30得点のFebruaryさんからぁ1点がAugustさんに移りまぁーーす。

ということで、Februaryさんは29得点で最下位が決定いたしました!

・・・えぇーーー つまらねェ〜〜 あ〜〜つまらねェーーー!!!

・・・なんですかぁ?Februaryさん!

そんな悪態をつくんなら、Februaryさんはもう1点減点で28点にします!!!

えぇーーーーーーー!!!!

あ〜〜〜つまらねぇ、つまらねぇぇぇ!!!


   ってつまんない追記でした。

salesmaster080 at 11:02トラックバック(0) この記事をクリップ!
Profile

種族:アオリイカ
名前:テンタくん
好物:塩漬けアジ
   (生きアジは追わないよ)

Recent Comments
Recent TrackBacks
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)