May 2011

May 31, 2011

6月になりますね。


                  ・・・まんまじゃねぇぇかぁ。

さて、この頃、地域情報サイトにうちのお店がUPしているので、

ジュエリーのご紹介は、そちらで・・・ ということになっているわけです。

ブライトリングの紹介もロクにしないのに、、、

そこをおして今日はジュエリーをご紹介致します。

画像 002

画像 001

夏に向けてアッシャーダイヤモンドのオリジナルです。

クオリティーの高さは当然なのですが、ダイヤのサイズを少し小ぶりにして、

若い方にも着けて頂き易い3点Y字のデザインにしてみました。

抑えた感じですが、でもこれ、アッシャー・・・

自信を持って着けていただける一品です。     

            では、6月もガンバリまぁぁぁす。。。      何ヲダヨ。。。



salesmaster080 at 11:30トラックバック(0) この記事をクリップ!

May 28, 2011

早すぎますね。


山陰も梅雨入りなんだそうで、少し早すぎますね。

でも、知らぬ間に花粉は去って行ったんですね。

そして、四十肩の痛みも行ってしまったんですね。

楽しいことも、悲しいことも、何もかも、はやく過ぎ去って行きますね。

OYAJI も相当いい歳なので、

気を抜くとすぐにメランコリックな気分に取り巻かれていたりします。

注がれた杯を飲み干しては、もう一度、もう一度と繰り返し杯を満たして行く。

そう、ありたいものです。

この度の被災された方にとっては生半可なことではないのでしょうが・・・

さて、梅雨のすっきりしない空模様ですが、

このお蕎麦は、何時食べても爽やかなお味でございます。

CARYMHCP

奥出雲町横田八川駅の八川そば、 ざいごそば ¥1,050

近くにお出かけの際はぜひおすすめでございます。


salesmaster080 at 15:55トラックバック(0) この記事をクリップ!

May 26, 2011

以外と


価格も手ごろでしたし、

このテのものは、あまりいつもは信用しないんですけど

CAS8M8U3

以外としっかりしたお酒で、ごちそうさまでした。


salesmaster080 at 09:59トラックバック(0) この記事をクリップ!

May 23, 2011

事物の側面と正面


意味付けられているということは、人の定めている以外のことではないのですが、

側面については、正面が決定すればおのずと定まってしまうものなので、

正面が何に基づいているのかを考えてみます。

動物について言えば、人が定めた理由にも必然性があるように思われます。

それは動物が自然な動きで最も進行し易い方向を前方とし、その方向から、

その動きを発動する動物を見た面が正面と定めていると考えがちなのですが、

では、カニやザリガニはどうなのかというと、これには該当しないということになります。

結局何をして正面と定めているのかは、一概には決め難いということになるのですが、

強いて言うと形態からその理由付けが発していると考えられます。

一般的な動物は、ほぼ左右対称の形態を有していて、

その左右を対称に切断する面に垂直な面の中に、必ず正面は存在します。

当然その中には、真後ろと真上と真下の面も存在します。

では、その中からどの部分を正面とし、他の面と区別しているかというと、

視覚、聴覚、嗅覚をもつ器官と食物を取り込む最初の消化器官である口が

最も自然に向かう方向(前方)から見た面、

つまり、顔が自然体において向かう面を正面と定めていると考えられます。

不思議と人は、動物を見たとき、経験をもとにしているのでしょうが、

感覚的に即座に正面を決定しているように思われますし、

ほとんどの場合、異なる決定をする人がいることは希です。

これは、人が動物の顔を認識するしようとするためなのでしょう。

では、動物以外のものについてはどうかというと、

たとえば、固定電話をひっくり返しておいて、これが正面だという人はいませんね。

これは道具と分類される物がその用途に従って

使用に最も適した方向を正面と感じているのだと考えられます。

花などはむしろこの道具に近い理由付けになると思われるのですが、

花が花である理由に発すると思われ、

蜜香を発し虫を呼び込み受粉を成すための器官が、

まさに呼び込もうとする方向は、人間である私たちにとっても花の顔と感じ、

正面と捉える方向であるわけです。

ワインの瓶を見るとき、何も貼っていない瓶についてどこが正面か

定めることは容易には出来ません。

しかし、ラベルの形状にもよりますが、

文字や図柄のあるラベルを貼ったとたん正面は出現します。

その面を正面と定める感覚がほとんどの人間で共有されていることが

不思議にも思えるのですが、上に書いたことを総合的に判断して

決定していくものと考えられます。

道具とも呼べないまでも、建築物などほぼ必ず正面を有しますが、

先に書いた動物の場合と似た部分があり、左右の対称性をもっていることが

多いと感じられます。

この中で興味深いのは、完全に対称なのではない場合、

造形的なバランスにおいて対称性を持っていることが多いことです。

普段、意識して造形的なバランスを探すことのない人達でさえ、

その隠された対称性を見て正面と判断していることは、

このバランス(心地よい形状・状態を好む)は、初めから人に備わっているものだ

ということを再確認させてくれるのです。


さて、いったい何でこんなことを書いているのか、ということなのですが、、、、

書き始める前まで、オチがあったんですけど、

あんまり長く書いていたので・・・  忘れてしまいました。。。


                          おしまい。 (何だろぉぉねぇ、このBlog )


salesmaster080 at 16:52トラックバック(0) この記事をクリップ!

May 21, 2011

250%ぉぉぉ。


少し前に駄菓子のお話をしましたね。

ハッピーターンのパウダーが2倍の製品がツッコミドコ満載だって・・・

今日、コンビニに行ったら・・・

画像

亀田製菓、どこまで。。。

salesmaster080 at 14:00トラックバック(0) この記事をクリップ!

May 19, 2011

サンチャゴを地でいく


今日もいいお天気ですね。

毎回のボーズ続き(釣りのこと)で、 老人と海 状態なんですね。

もう、永遠に釣り上げることが出来ないような気さえする。。。

さて、それはそれとして。

この季節のDRIVEなどに最適と思えるのですが、

私が15歳ぐらいの時に日本リリースになった R.E.O. SPEEDWAGON

このグループは、後になって甘めのバラードが日本でもよく売れてましたね。

でも、確か日本でのデビューアルバムは、2枚組みのライブ盤だったのですが、

もともとライブに定評があったグループで、エアロスミスなんかの前座をやって

いたようですが、トリを食ってしまうぐらいだったようです。

ポップになってからは興味なくなったんですが、この日本リリースライブ盤は良かった。

61Y0zT9G1fL__AA90_

いつもは、アメ〜リカのROCKってどうもね・・・って感じなんですが、

爽快に走ってる感じが、安直ですが気持ちいい曲です。




salesmaster080 at 09:49トラックバック(0) この記事をクリップ!

May 17, 2011

8カーブ、−6.50までOK。


いいお天気ですね。 

めがねのお話です。。。

この時節、サングラスが活躍しますね。 いつもTALEXの話ばかりするのですが、

今日は、新しく導入しました度付きサングラス用のレンズのご紹介です。

釣り用サングラスやスポーツサングラスのメーカーからは、

ハイカーブのお顔を抱き込むような形状のタイプが多く発売されていますね。

ワイドな視界を得ることが出来るかわりに、

度付きにする場合は、入射角の問題で収差がおきてしまうため、

レンズ周辺では歪みによる違和感があり、そのために

製作度数に制限が設けられているのが普通なんですね。(−3.00ぐらいまで・・)

私の場合、中〜強度の近視なので・・・

オークリーの8カーブサングラスは純正では作れないわけです。

こうゆうお客様も当然たくさんいらっしゃいます。そういうわけで、

今まで、なかなか御要望にお答え出来ませんでしたが、、、

画像 001

この ICRX NXT レンズは、近視乱視合計が−6.50まで対応いたします。

レンズ素材の光学品質に加え、周辺部のプリズム補正も対応しますので、

違和感なく掛けて頂くことが出来きます。

偏光、調光を含む8カラーのラインナップですが、

高品質レンズ ICRX NXT http://www.ic-j.co.jp/lens/index.html は、

オークリーに限らず、

メジャーメーカーのハイカーブサングラスのイメージを崩さず仕上がります。

       詳しくは、お店まで。。。

salesmaster080 at 11:49トラックバック(0) この記事をクリップ!

May 10, 2011

時代を創ったもの。時代が創ったもの。


今日、前線の影響で雨降りですね。

十代の半ば、モーリス・ユトリロが好きだったこともあったな。

そんなことを思い出すような空模様です。

img_1490568_36815449_0

町並みや建造物が創る構図と、乳白色を際立たせる全体に彩度を抑えた画面が特徴です。

彼がその時代の絵画を構成した一人であることは事実ではあるのでしょうが、

その時代の絵画を導いたかといえば、残念ながらそうとはいえないんですね。

むしろその時代や環境によって作られた個性だったと思えるんです。

もちろん、好きならそれでいいでしょうし、ことさら腐す必要もありませんね。

さて、時計の話です。

腕時計でも同じですね。

その時代を導いていった時計が何種か思い浮かびます。

大方の見方からしても、この時計もそのひとつですね。

画像

何にしても、オリジナリティに溢れるものや、パイオニアと思えるものには、

尊敬を抱きますね。 もちろん優れたものにですが。。。


話は、全く違うんですが、友人から話を聞いていたんですけど、

先日、お客様からもそれと同じ話を伺ったんですが、

出雲方面で、春イカを波止から、

引っ掛けバリを使った仕掛けを投げつけ、

釣り上げる釣法を確立しているマスターがいるらしい。

・・・これが本当なら、驚愕と尊敬を禁じえない。

何でも、、常人には見えない、中層を泳ぐイカがそのマスターには見えるらしいのだ。

オリジナリティという意味においても、

その独特の釣法をすでに確立しているパイオニア性といい、

あるいは、噂が広まっているというカリスマ性。。。

正に、「MASTER」 と呼ぶにふさわしいではありませんか。


    ・・・見てみたいなぁぁ。 MASTER がフォースを使うとこ。。。。

    多分、僕は言うと思うよね。
 
    「その技は学べるのですか?」 って、、、

    そしたら、きっと MASTER は、こう言うだろう、、、

    「 ・・・   Not from a Jedi.  」

    

     history10


              ・・・シスかよ。






salesmaster080 at 10:31トラックバック(0) この記事をクリップ!

May 06, 2011

埋め込まれたIC


よっぽど、悔しかったってわけですよ。 浜田釣行が。。。

何なんでしょうね。 狩猟民族だったのでしょうか。

ただ、限定的だ。 イカだけなんだから。それも特にアオリイカ。

どうしてそんなにイカを釣りたいと思うのか、

よく考えたら、おかしいんじゃねぇ〜かぁ。

ナンカ埋められてるんだよ。きっとアタマに。。。


さて、そんなことはどうでもいいんですが、 残り僅かになりつつあります。

クロノスーパーオーシャン。 クールな文字盤です。

画像 093


          ・・・あんなにアタリがあったのになぁぁぁ。





salesmaster080 at 12:52トラックバック(0) この記事をクリップ!

May 04, 2011

営業しております。


今日、島根は5月連休らしいお天気ですね。

水曜日ですが、

祝日みどりの日なので本日は営業しております。

皆様、お気をつけてお出かけ下さいませ。

昨日私はお休みを頂いておりましたが、

浜田釣行を実行したんですね。。。

釣果はダメだったんですが、

お昼は、チャンポンの看板が目に付く楽一さんで頂きました。

CA09ECDE

さすがに看板メニューですね。  美味しかったですよ。

何度も浜田を訪れているんですが、

あぁ、やっと浜田だな。 ッて思えるのが、これが目に入ったときですね。

c0115

これはアクアス外観のシンボルにもなっている塔ですが、

離れた場所から見て、とても目につきます。 実はこれ、

離れた場所から見るとよけいに大きく見えるように着彩を施してあるんですね。

どれだけ巨大な塔なんだろう近づいてみると、意外とそうでもないんですよね。

一回、浜田に行って、帰って来るぐらいなら、このトリックに騙されてしまいます。

これに気づいていた方はおられましたか?

とくにこの頃は、経年の劣化で退色が進んでいるため、

効果を失いつつありますが、 子供騙し以上のものではあります。

浜田に行かれましたらお確かめ下さいね。 

ッてか、言うなよ。ッて話ですよね。


さて、そうこうしてBLOGなど書いておりますと、

いたって興奮気味の肥満タヌキ様が御登場です。

画像 088
画像 089
画像 092
画像 090

    人のことは言えませんが ・・・アッ君太りすぎ。。。

salesmaster080 at 10:00トラックバック(0) この記事をクリップ!
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)