March 2012

March 30, 2012

春・風


今日は気温は高いものの、タイヘンな風ですね。

4月になりますが、今年はクロノログが用意されているようです。

画像 046

4月1日よりクラブメンバー様への引き換えが始まります。

初回は、部数が少ないようですので切らしておりましたらご容赦下さいませ。

入荷も続いております。

日本向けのクロノスーパーオーシャンもご用意出来ております。

画像 045

¥430,500税込み でのリリースでございます。    では、また。


salesmaster080 at 11:57トラックバック(0) この記事をクリップ!

March 27, 2012

なんでも、ドヤっ って言わない。


あんまり主張しすぎない時計を、何の時計ですか?って訊かれて

あぁ、これブライトリングって時計なんですよ。。。って答える。

そんな感じで着けたら、さりげなくていい感じだと思うんですね。

画像 044

そうしたら、

へぇ〜〜ブライトリングって時計なんですね。って答えてほしい気がします。

それで、それについては話が終わってしまうと尚、素敵です。


時計は、クロノマット41でございます。     では、また。

salesmaster080 at 11:09トラックバック(0) この記事をクリップ!

March 25, 2012

精霊付き


今月も片手間な内容が多いので

どうでもいい話を久しぶりに少し書きますね。

歴史の中には、人の想像力がコジツケタ、

あるわけないのにありそうな事柄がありますね。

たとえば魔女とか精霊などというもの

今日はその正体を明かすことにします。

当然のことながら皆さんは精霊など見たことがないわけですが、

中には、小さいオジサンなら見たことがあるなどという

フザケタ方がおいでかもしれません。

これは、ハッキリ言っておきますが、妄想か幻覚です。

あるいは軽い精神異常のなせるワザでしょう。

精霊は見ることは出来ません。

では、どういう物かといいますと、

年齢に限ったことではありませんが、ある年齢頃から

めっきり、独り言を言うことが多くなったりするものですね。

若い頃、頭の中で処理出来ていたものが、徐々に出来なくなり、

言語にして口から発したものを自分の耳で聞いて再度思考する・・・

実はとても非効率で、そんな思考は邪魔こそすれ、進展などすることは

ないのだけれど、気分だけは考えているよ。という・・・行為が、それです。


「あ〜〜あ〜〜またOYAJIが独り言言ってるよぉぉ、

         静かに出来ネーのかよ。。。」って思っちゃいますよね。

・・・ところがね。

たまに、よぉ〜くその独り言の内容を聞いてみると、ある事に気付かされます。

意味不明な言葉の羅列の中に、、、

これは、どう考えても誰かに問いかけてるぞぉぉ。ってのがあるんですね。

間違っても、

聞いていたその人が質問に答えたり相槌を打ったりしてはいけません。

なぜなら、OYAJIはその人に問い掛けたり、

同意を求めたりしているわけではケシテないのですから、

そうです。OYAJIが、語りかけているのは、

他でもないOYAJIの肩口斜め後ろにいる「精霊」以外のものではないのです。

この時、精霊付きが誕生した瞬間です。

OYAJIこそが精霊付きであり、精霊は

OYAJIの肩口斜め後ろに鎮座しています。これは、OYAJIの主観的な感覚なので

実際には、OYAJIの脳味噌のどこかにいるということになります。

別の言い方をすると、心の中にいるということですね。

つまり、≪精霊はみんなの心のどこかに住んでいます。≫

などというファンタスィーが生まれてしまうのは、このためなんですね。

Clut ぃな話へと進んでゆきますが、

この精霊というヤツは、特性として、≪滅した精神を好む≫

ということがあります。

悲しいかな人は、日々雑多な物事に追われ、

精霊の言霊に気付きにくいのですが、

精神の活動が沈静化して来ると、雑音が静まり

今まで聞こえなかった精霊の声が聞こえるようになるという流れです。

年齢を経たOYAJIなどは、日々の生活に疲れ、

精神的にも瀕死の状態だったりするものですが、

常習的に繰り返しているうちに、

気が付くと、独りごと、、、

つまり知らずと精霊に問いかけるような状態になるのです。

いずれにしろ、心の病であることに変わりはありません。

・・・ということで、

今日は、精霊付きと精霊のしくみについてお話させて頂きました。

・・・あぁ そうそう 魔女については、長くなったので、また別の機会にお話します。

では、また

salesmaster080 at 13:11トラックバック(0) この記事をクリップ!

March 22, 2012

花粉が終われば・・・


・・・ってかさぁ・・・  この前から同じような内容だよにぇ〜〜

よっぽど、生活に変化がないんだな。

きょうは、画像が溜まっていたので、新製品のご紹介をすることにしました。

まず・・・
CA6UQ0Z6

ちがうだろぉぉぉぉ

CARV11HP

これで、3舛鯆爐蹐Δ箸いΔ錣韻任垢諭

これ、シマノ社製の跳ね上げ式ローラーヤエンなんですけど、

少し改造してあるんですね。掛け針を替えたせいで、

前後のバランスが変わってしまって前のめりになったので、

跳ね上げ部分の後ろに少しウエイトを付けてバランスを取るのと同時に

跳ね上げがより簡単に跳ね上がるようになっています。

・・・って、、、いつまでその話するつもりなんでしょうか・・・

続いて入荷いたしました、

画像 038

モンブリラン38、とりあえず1点づつの入荷でございます。

・・・    これについては・・・  終わり。。。  

次に春らしいジールの新作です。

画像 041
画像 042
画像 043

CABARO フレーム色に合わせてTALEXのレンズ色も変えてございます。

春用のタックルを準備される頃になりましたが、

そろそろ、こちらの準備もいかがでございましょうか?


salesmaster080 at 13:15トラックバック(0) この記事をクリップ!

March 17, 2012

やがて咲く桜。


CA86I3AS

間違っても、ポロックや現代造形作家のものではありませんよ。

去年の今頃、もう少し後かな。 ある港の船付場。

CAUPH0JT

この夥しい墨の痕は、桜の咲く頃に産卵のために接岸した雌のヤリイカのものです。

正確には、産卵しようと接岸したが、

少しの気の迷いで釣り上げられてしまったヤリイカのものです。

何百から千という数だと思います。

この船付場は、沿岸に添う公道から、ほんの2〜30mしか離れていない場所。

港内のこんな奥まで、入って来て、おまけに釣り上げられてしまう。。。

ヤリイカって、、、何なんでしょうか。。。

今年も同じ時期がやって来ます。 今年もこんなに来るんでしょうか。。。

みなさん遠慮しながら釣って下さいね。。。。。   オ・マ・イ・モ・ネ。。。

さて、ブライトリングですが、仕方ないので、

スケルトンの隠れた楽しみをご紹介してしまいますね。

画像

よ〜く観て頂くと、

ムーブメント部分に番号が刻印されていることに気付かれると思います。

この番号が何かお判りになりますか?

これ、実は時計のシリアルNo.と同一なんですね。  単純に、へ〜〜〜〜って、

思われたかもしれませんが、、、、  これって・・・えぇぇ〜〜〜〜〜!!!

ってぐらい、ビックリすべきことだと思うんですね。

本当にマニュファクチュールになったんだな。って今更ながら感じ入ってしまいました。

ただ実際、マニュファクチュールでも、

シリアルNoがムーブにまで刻印してある時計って、あんまりないんですよね。

一点、一点が、キチンと管理されている証明ですね。

まぁ、、、少し考えると、、、あ〜〜〜なるほどなッって、

気付いたりもするんですが、、、、

あんまり深読みせずに、、、  今回は、感心しておくことにしましょう。。。

久々にセールスマスターらひいお話をさせて頂いたというわけです。

         
     (。。。ってさぁぁ   さっき、BRユーザー様に教えてもらってたじぁね〜か。。。)
                           

salesmaster080 at 17:20トラックバック(0) この記事をクリップ!

March 16, 2012

よく観ると、とても読み取り難い形。


画像 034

全景が撮れたことが、よっぽど、嬉しかったようだな。 

salesmaster080 at 16:54トラックバック(0) この記事をクリップ!

March 09, 2012

来たよ、花粉。


昨夜、睡眠中モーレツに鼻の中が痒くなって眼が覚めました。

容量をオーバーした瞬間ですね。

ドコへ向かうとも知れない脳科学やスピリチアル、占いのタグイも、

せいぜい頑張って、このアレルギーを克服する術を発見してほしいものだと

思うのですが、所詮は、おまじないの域を出ない暇つぶし。

去年の・・・「ニドトコナイデぇぇーーーー!」商品名がわからない。。。

結構効きましたから、取りあえずは、ソイツで行きますが、

今年も色々なお薬を試すこととなるでしょう。 

花粉が飛ぶということは、だんだん暖かくなって来たということで、

春イカももうそこまで来ているというわけです。

毎度おたのしみのイカ釣りですが、

今は、一般的には、手も汚れず、タックルも含め軽装で出来るエギングが主流です。

偽者のハリ付きの餌をイカの近くで、動かしてやると騙されて抱きついて来るのを

釣り上げるというゲームです。

結構エギング人口も増えて、そこそこ年配の方もこれをやっています。

特に春は、イカが育って大型が釣れるので、ゲームとしては、

はるかに、新子の時期よりも楽しいわけです。

・・・釣れるので、、、と書きましたが、、、、

育ったというより生き残ったという方がいいわけで

春、固体数が圧倒的に少なく、そんなに簡単には釣れないんですね。

ただ、一度でもこの春イカを釣り上げると、ほぼ中毒になってしまうほど

興奮してしまうものなんですね。

悪ヤエンおじさんといつも言っていますが、080は、ヤエン釣りという釣法でイカを狙います。

このヤエン釣りというのが重装備なんですがエギングよりもさらにゲーム性が高いんですね。

ヤエンという掛け針を後から送り込むために

餌のアジをイカが捕食している時点では、アドバンテージはイカにあるんです。

つまりオジサンは、何時イカがアジを離すかとドキドキしているわけです。

オジサンのところからイカまで数十メートル、ヤエンは道糸を伝って降りて行くのですが、

ヤエンがどこまで進んでいるのか、或いはイカに到着したのか

実際、正確には解らないんですね。この辺が感ということになります。

今のヤエンはよく出来ていて勝手にイカが引っ掛かってしまうこともあるのですが、

オジサンはアワセを入れてフッキングしています。ヤエンがイカに掛かったときの

衝撃は、輪をかけて釣り人をトリコにしてしまいます。この時、初めて

イカから釣り人にアドバンテージが移った瞬間です。

元気のいいイカは寄せて来る間にも何度か逆噴射で爆発的な引きを見せます。

この辺はエギングでも同じなのですが、ヤエンの方が、

アタリから取り込みまで、1回で5度も6度も興奮できるというわけです。

ヤエンという掛け針自体もなかなか奥が深くって、自分で作られる方も多いんです。

私はズボラなので出来ませんが、

針の位置や全体のバランスなどやり始めたらキリがないようです。

CACQOWEV

聴くところによると最近、愛媛南部では3kgが上っているようです。


・・・ってか、何の blog なんでしょうか。。。

         。。。     。。。    早く、、、春イカ来ないかなぁぁぁ。。。


salesmaster080 at 16:07トラックバック(0) この記事をクリップ!

March 06, 2012

雪は終わった


今日は、あたたかいですね。

軽やかな季節に向かいますね。胸元にいかがでしょうか?

画像 028

アッシャーダイヤモンドのプチネックレスですが、

モチーフはカワイらしいものでもアッシャーだとノーブルに観えるんですね。

画像は拡大しているんですが、15個ダイヤが付いて0.20ct 、

一個当たり、0.013ct ということになります。 

ぞくに言われるメレダイヤというヤツですなのですが、

アッシャーが他社と異なるのは、

すべて VS1 Gカラー で統一されているということなんです。

もちろん cut というより、トータルしてアッシャー社が出しているダイヤなので

どうこう言う必要もないほど輝くわけですね。

また、爪止めなどの繊細な部分も、国内最高レベルの工房のもので、

けして、カルティエのそれにひけを取るものではありません。

是非、一度お店でお確かめ下さいませ。

      では、また。   
      

salesmaster080 at 15:22トラックバック(0) この記事をクリップ!

March 03, 2012

何ができるでしょうか。


うちのお店のとなりに何か出来るようです。

今、前あった建物が撤去されたところです。

真横、正面側から全体を写真に収めることが今まで出来なかったんですが、

開店のころ以来、久しぶりに写してみました。ご覧下さい。

画像 026

さ〜ら〜ば〜 ち〜きゅう〜よ〜   

道向かいのネッツトヨタ方向に波動砲が発射されま〜〜〜す。

ただいま、エネルギー充填ちゅう〜〜〜〜。

おとなりは何になるんでしょうか。楽しみですね。   では、また。

salesmaster080 at 13:24トラックバック(0) この記事をクリップ!

March 02, 2012

ニラ・アレルギー


ニラを食べ過ぎると胸焼けがおさまらない今日この頃、

皆様、いかがお過ごしでございましょうか?

今年はヤリイカが十数年来の不漁の上に、天候も荒れた日が多く、

釣りには行く気分にならないんですよね。

さて、3月に突入しましたね。入れ替わりのシーズンですね。

この歳になると、いつしかマスター・ヨーダの教えの如く、

去るものに特別な感情を抱くことがなくなりつつありますな。

どんどん即身仏に近づくというわけです。

どんどんクリスタルスカルに近づくというわけです。。。。意味がわからん。。。

画像 023

セロハンでカバーしてるじゃないですかぁぁぁ。

これ、クリスタル・スカルみたいじゃないですかぁぁぁ。

何が言いたいのかって、トランスオーシャンが再度入荷したってことなんですね。

きっと、

ニラのせいで今日もムカムカして、こんな blog になってるってことなんですよ。

じゃぁ、またね。


salesmaster080 at 15:27トラックバック(0) この記事をクリップ!
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)